子どものすきっ歯の矯正治療例|磐田で歯列矯正なら松浦矯正歯科

新型コロナウイルス感染症対策について

松浦矯正歯科

  • JR磐田駅北口より徒歩2分
  • 無料駐車場7台完備
  • 子ども矯正/大人矯正 矯正相談実施中
  • 0538-31-0418

子どものすきっ歯の矯正治療例

子どものすきっ歯(空隙歯列)の症状について

すきっ歯(空隙歯列)の症状

すきっ歯は隣接する歯と歯の間が大きく空いている状態で、正式名称は空隙歯列(くうげきしれつ)といいます。子どもの頃は、成長に伴って一時的に歯と歯の間に隙間が生じる発育空隙と、その他の原因によって生じる一般的なすきっ歯(空隙歯列)というケースがあります。子ども頃のすきっ歯は、原因によって矯正治療が必要か否かが決まるため、適切な診断・検査が重要となります。お子様のすきっ歯が気になる場合は、ぜひ一度歯科医院にて診断をおすすめいたします。

発育空隙(みにくいアヒルの子の時期)とは?

子どもの頃は、大人へと成長する過程で一時的にすきっ歯になる「発育空隙」というのがあります。発育空隙は前歯がスカスカになり、見た目もあまり良くないため、「みにくいアヒルの子の時期(ugly duckling stage)」とも呼ばれています。乳歯から永久歯へとスムーズに生え変わりができるよう、顎骨が拡がるため、歯と歯の間に隙間が生じ、結果的にすきっ歯になってしまいます。発育空隙は、乳歯が抜け、永久歯が生え揃っていくことで少しずつ隙間がなくなり、気にならなくなります。

子どものすきっ歯(空隙歯列)の原因

発育空隙以外にも、子どもがすきっ歯(空隙歯列)になる可能性はあります。以下では、子どもがすきっ歯(空隙歯列)になる主な原因についてご紹介いたします。

生まれつき歯が小さい(矮小歯)・歯の本数が少ない(先天性欠損歯)

生まれつき歯のサイズが小さかったり(矮小歯)、歯の本数が少なかったり(先天性欠損歯)する場合は、歯が並ぶ顎骨部分に必要以上にスペースが余ってしまうため、すきっ歯(空隙歯列)になりやすくなります。

歯の本数が多い(過剰歯)

生まれつき歯の数が多い(過剰歯)場合は、その歯が歯茎に埋まったまま生えないことも多くあります。そのため、歯茎に埋まった歯が邪魔になり、永久歯が正常に生えずにすきっ歯(空隙歯列)になる場合があります。過剰歯は上顎の前歯部分に生えることが多く、前歯の中心に隙間ができる「正中離開」になりやすいという特徴があります。

上唇小帯(上顎中央にあるスジ)の異常

上唇小帯(上顎中央にあるスジ)は、赤ちゃんの頃は太くて長いのですが、成長に伴って少しずつ小さく、目立たなくなっていきます。しかし、稀に起こる異常によって上唇小帯が縮小しない場合、前歯の間に入り込んでしまい、すきっ歯になる可能性があります。

指しゃぶり・舌の悪癖など

指しゃぶりをはじめ、舌で歯を押すような癖がある場合は、少しずつ歯が押されて歯列が拡がるため、歯と歯の間に隙間が生じる場合がございます。

子どものすきっ歯(空隙歯列)の矯正治療開始時期について

子どものすきっ歯(空隙歯列)の矯正治療開始時期

子どものすきっ歯(空隙歯列)は、乳歯から永久歯に生え変わる6歳・7歳頃に多くなります。子どものすきっ歯の矯正治療開始時期については、上顎の永久歯が生え変わる7歳頃が目安となります。しかし、成長段階で生じる発育空隙の場合は、永久歯が生え揃うことで改善される場合もあるため、診査・診断をしっかり行い、経過を観察をしながら矯正治療が必要か否かを判断いたします。

子どものすきっ歯(空隙歯列)を放置した際のリスクなど

虫歯・歯周病になりやすくなる

歯と歯の隙間に食べカスや汚れが蓄積し、虫歯や歯周病になりやすくなります。

正しい発音ができなくなる

すきっ歯は、歯と歯の隙間から空気が抜けるため、正しい発音ができなくなる可能性があります。特にサ行の発音が難しくなり、コミュニケーションへの悪影響も予想されます。

見た目の問題

すきっ歯は年齢を重ねる毎に悪化することも多くあります。歯と歯の間が大きく開いていると、見た目も悪くなるため、コンプレックスに感じる可能性もあります。

子どものすきっ歯(空隙歯列)の基本的な治療法について

治療法子どものすきっ歯(空隙歯列)の治療については、診査・診断をしっかりと行い、すきっ歯の原因を調べることから始まります。

成長の過程で一時的にすきっ歯になる発育空隙であれば、特別な治療は行わずに経過を観察します。過剰歯や上唇小帯の異常が原因の場合は、必要な外科処置によって根本的な原因を解消した後、矯正治療によって歯並びを改善します。

※すきっ歯は症例にもよりますが、小児矯正によって改善できるケースがほとんどです。お子さまのすきっ歯が気になる場合は、放置せず、早めに歯科医院で検査をしてもらい、適切な処置を受けましょう。

子どものすきっ歯の矯正治療例(Before&After)と解説

▼松浦矯正歯科で実際に実施した子どものすきっ歯の矯正治療例をご紹介いたします。

子どものすきっ歯の矯正治療例(小学生女の子・治療期間5年6ヵ月)

子どものすきっ歯(空隙歯列)の矯正治療例

年齢・性別 小学生女の子
治療期間 5年6ヵ月
抜歯 上下左右1本ずつ
治療費 660,000円(税込)
リスク・注意点 ・歯の移動に伴う鈍痛や歯根吸収が生じる場合がある。
・歯が綺麗に並んだ後は、保定処置を行わなければ歯が後戻りする場合がある。

小学生の女の子です。前歯の隙間を気にされて来院されました。分析の結果、受け口ではないものの切端咬合であることと家族に受け口の方がおられたことから、永久歯列期にかけて顎の成長に応じた2期にかけた治療が必要になることをお話ししました。先ず上の前歯の部分矯正で隙間を閉じて永久歯の萌出を促す1期治療を行いました。その後下顎の成長に伴う受け口防止と奥歯の嚙み合わせのずれを正すため上下左右1本ずつの抜歯により2期治療を行いました。

子どものすきっ歯の矯正治療例(小学生女の子・治療期間4年11ヵ月)

子どものすきっ歯(空隙歯列)の矯正治療例

年齢・性別 小学生女の子
治療期間 4年11ヵ月
抜歯 上下左右1本ずつ
治療費 660,000円(税込)
リスク・注意点 ・歯の移動に伴う鈍痛や歯根吸収が生じる場合がある。
・歯が綺麗に並んだ後は、保定処置を行わなければ歯が後戻りする場合がある。

小学生の女の子です。歯の隙間と大人の歯が出てこないことを気にされて来院されました。分析の結果、上の前歯の突出と顎が小さく生えることが困難な永久歯が確認されました。先ず上の前歯の部分矯正で隙間を閉じて永久歯の萌出を促す1期治療を行いました。その後出っ歯改善のため上下左右1本ずつの抜歯により2期治療を行いました。

磐田で子どものすきっ歯(空隙歯列)の矯正治療をご希望の方へ

すきっ歯(空隙歯列)の矯正治療

松浦矯正歯科では、実績豊富な矯正歯科の指導医が子どものすきっ歯(空隙歯列)の矯正治療を担当致します。診査・診断をしっかりと行い、一人ひとりの症状やご要望を考慮した無理のない矯正治療をご提案いたします。磐田で子どものすきっ歯(空隙歯列)の矯正治療をご検討中の方はぜひ、JR磐田駅すぐの当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る