非抜歯矯正治療(IPR・遠心移動)|磐田で歯列矯正なら松浦矯正歯科

新型コロナウイルス感染症対策について

松浦矯正歯科

  • JR磐田駅北口より徒歩2分
  • 無料駐車場7台完備
  • 子ども矯正/大人矯正 矯正相談実施中
  • 0538-31-0418

非抜歯矯正治療(IPR・遠心移動)

当院は歯を抜かない非抜歯矯正治療を心がけています

非抜歯矯正

歯の土台となる顎骨と歯の大きさが不釣り合いなために、歯並びは悪くなってしまいます。そのため、多くの症例では抜歯によって歯が収まるスペースを確保しますが、健康な歯を出来るなら維持させたいと言うのが歯科医師としての願いです。そのため当院ではスペースがないから抜歯をすると言う安易な考えではなく、可能な限り抜歯をせずに歯列を整える非抜歯矯正治療を心がけております。

歯を抜かずに矯正治療を行うために

当院の矯正治療では、出来るだけ健康な歯を抜かないことをモットーにしております。歯の移動に必要なスペースが足りない場合には、以下の方法を行うことで十分なスペースを獲得できることもあります。

IPR(ディスキング・ストリッピング)

IPR(ディスキング・ストリッピング)IPRとは歯の側面をヤスリのような器具で削り、歯幅の縮小によって矯正に必要なスペースを確保する方法です。

歯を削ると聞いて心配になる方もいらっしゃると思いますが、削る量は歯のエナメル質を約0.2㎜~0.5㎜程と、エナメル質全体の3分1程度ですので、歯の健康状態や寿命に支障はありません。IPRは矯正治療において大変メジャーな処置ですので、どうぞご安心下さい。

※歯を削る際にも麻酔などせず、痛みを伴うこともありません。

遠心移動によるスペースの確保

遠心移動遠心移動とは、歯を今ある位置から奥歯側に少しずつ動かし、矯正治療に必要なスペースを確保する方法です。

顎骨に埋めた矯正用インプラント(矯正用アンカースクリュー)を支柱に歯を引っ張り、効率良く歯を後方へと動かしていきます。

※遠心移動を実施するため、親知らずの抜歯が必要となる場合があります。

傾いている歯をまっすぐにしてスペースを確保

傾いている歯をまっすぐに本来まっすぐ生えるはずの歯が傾いて生えることにより、顎骨のスペースが不足している場合もあります。このような場合には、歯の傾きを正常に戻してあげることで、歯を抜かずに十分なスペースを確保することができます。

抜歯を回避できない症例もございます

上記の方法を施しても十分なスペースを確保できない場合や、良好な治療結果が見込めない症例に対しては、やむなく抜歯をご提案することもございます。矯正治療では前から4番目の歯(小臼歯)を抜歯するのが一般的です。抜歯は最終的な措置と考えていますので、しっかり診断・検査を行い、患者さまと話し合った上で行います。抜歯の有無に関しては、カウンセリングの際にご相談いただければと思います。

磐田で極力歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)をご希望の方へ

非抜歯矯正

松浦矯正歯科では、実績豊富な矯正歯科の指導医ができる限り歯を抜かない矯正治療を担当致します。診査・診断をしっかりと行い、一人ひとりの症状やご要望を考慮した無理のない矯正治療をご提案いたします。磐田で歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)をご希望の方はぜひ、JR磐田駅すぐの当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る